PEN-FT 分解記録 その3




PEN-FT分解の続きです。




f0388515_16522775.jpg


前回の続きから、マウント側のネジ5本を外していきます。

写真のとおり左側が短くて、右と真ん中には長いネジが使われています。


この写真では露出計の連動ギアが付いたままになっていますが、外しておいたほうがいいと思います。

露出計本体とハーフミラーもこの時点でネジ3本外してあげれば取り除けますので、外してしまってもいいかもしれません。

ただ、底の電池室から配線が延びていますので、電池室の部分を一度取り外し、その配線がどこを通って露出計まで届いていたのかは辿っておく必要があります。




f0388515_16523117.jpg


ここまできてやっと、マウント側とシャーシ側を分離することができます。

シャッターを巻き上げない状態で外しましたから、巻き上げていない状態で組むのを忘れないでください。

外すときにシュッと音がするかと思いますが、これはテンションが緩んだ音です。


この時点で、セルフタイマーの部分を外すことができます。

ですが各部のかかり具合などは記録するなどして、後に再現できるようにしてください。

ハーフミラー部分の横に付いたネジを外し、橋渡しのテコの部分を外します。

マウント上3本の真ん中とその右裏に隠れた小さいネジを外すとセルフタイマー部分が外れます。


赤い丸が付いた部分ですが、ここがこの位置にないとマウント部をうまく戻すことができません。

テンションギアとシャッター部のかみ合わせもきちんとしていないと、うまくはまりませんのでご注意を。






どうでしょう、マウント部を取り外すだけでもここまでの苦労をともないます。


ここでファインダー部を取り出して清掃・モルト再生だけでも非常に手間がかかってしまい、露出計調整ギアの調整や電池室への再配線もしなくてはいけませんので、かなり根気が必要な作業になるかと思います。

この個体はさらに、巻き上げの重さの解消や露出計の再生(電圧降下の対処)、ハーフミラーの清掃と面倒くさいことがまだまだ山積していますので、根を上げないように地道に作業をする必要があります。

シャッター関連はとりあえず動作していますが、ここで不具合があるとさらに泥沼化して、何が悪くて何が良いのか判断がつかない状態に陥ります。


さらに組み上げた後に実写してみるまでは結果が見えませんので、実用化にするにはほど遠い道のりが待っているのです…。



あと一回は分解記録を載せるつもりではおりますが、到底すべてを紹介できるわけではございませんし、そもそも素人修理ですので完全なものとは到底いい難いものがあります。

それらを踏まえたうえで、挑戦なされるのかどうか、ご判断いただけたらと思っております。




appledrink2411

[PR]
by appledrink1124 | 2018-06-07 18:15 | Film Camera | Comments(0)