PEN-FT 分解記録 その2




さて中身を見ていきましょう。


分解しながら撮った写真ですので、クオリティは重視しておりませんのであしからず。

撮ったときはまだ直る保証がなかったもので、とても焦っていたのかもしれません。

記憶をたどってできる限り真実を書きますが、間違っているかもしれませんので嘘八百ぐらいな気楽な目で見てくださいね。

もちろん分解に関しての責任は一切取れません。





f0388515_15215111.jpg


まずは定石の底辺の開封から始めましょう。

ここはPEN-Fと同じようではありますが、若干レイアウトが違っています。

分かりやすいように色付けの丸で囲ってみました。


真ん中の赤丸がFの肝といわれる部分で、ここのテンションでミラーから絞りまで動作させます。

マウント部を外すと、かかっていたテンションが外れますので再度テンションをかける必要が出てきます。


青丸で囲ったところは初代Fにはなかった部品ですね。

シャッターボタンの動きでここが押し出されて動作が促されます。

マウント側を取り外すときにはここのネジを外さないと分離することができませんのでご注意。


黄色の丸で囲ったところは、電池室まで露出計から延びた配線が顔を出しています。

残念ながら電池室との接続が切れてしまいましたが、再配線したらつながることを信じて、このままにしておきます。





f0388515_15215648.jpg


トップカバーを開けた状態です。

トップカバーを開けるには、セルフタイマーを外さなくてはいけません。

真ん中の押すボタンのところはゴムなどを使って外します。正ネジです。

その中にネジが隠れているのですが、これは逆ネジです。時計回りで外れます。

クランクのところにあるネジ2本とシャッターレバー後ろのネジ1本。クランクを外すとカバーが外れます。

トップカバー側にストロボの接点が付いていますが、ネジを緩めると簡単に外れます。





f0388515_15220010.jpg


でました。これが露出計の本体です。

細々とした配線と、青で囲った抵抗器が3つほど見えています。

この裏にあるのがハーフミラーで、露出計とファインダー双方にレンズからの光を届けています。

黄色の配線が電池室から延びている線で、電力をここまで供給しています。


赤く囲ったところには、ファインダー内に見える露出計の表示が見えるかと思います。

もし露出計が動くのであれば、ここから動作を確認することができますね。

黄色で囲ったネジを取ると部品が外れますので、マウント側を外すときには事前に取っておきましょう。






f0388515_15220576.jpg


前革を剥がしてシャッターダイアルを外します。

この外した後に見える小さなギアが露出計の調整を兼ねていますので、位置関係を覚えておくといいかと思います。

ギアにマーキングしてそこから何回転で外れたのかや、ファインダーを覗いてシャッタースピードとISO感度の状態がどの状態でこうなっているのかを記録しておくと、のちのち組み上げるときの参考になると思います。




ここまでくると、マウント側がもうすぐ外れます。

ちなみにフラッシュ用の配線が2本あるかと思いますが、フラッシュは使わないため除去してしまっております。

露出計周り以外の配線はフラッシュ用の配線ですので、作業がしづらければ取り払ってしまうのもありかとは思います。


完全な修理ではないので怒られてしまいそうですが、その配線が後々役に立ちましたのでご勘弁いただけたらと思います。




appledrink2411

[PR]
by appledrink1124 | 2018-06-05 17:50 | Film Camera | Comments(0)

フィルムの半分で楽しむスタイルへようこそ…


by appledrink2411