Canon DIAL 35の電源の話

f0388515_14543762.jpg
Canon DIAL 35


最近、お気に入りでよく使っているCanonのDIAL 35。

ハーフながら横向きのフォーマットと、カメラ任せで片手で気軽に撮れるところがとても気に入っています。

先日まで生じていた露出計が不安定だった症状も、再分解して接触不良だったことを発見し修理して以来、確実に露出計が動作してくれるようになりました。




f0388515_14544090.jpg

そんなDIAL35なのですが、使用する電池についてちょっと工夫をしてあげる必要があります。

昔のカメラは、水銀を使用したヘンテコな種類の電池を使用することが多いことは知っていますか?

僕は単3電池とか、今でも簡単に手に入る電池を使用したカメラを集める癖があるので、今のところはあまり登場していませんね。

で、このDIAL35は、RM-1Rというかなり特殊な形状をした電池を使用するように指定されています。

理科の実験で使用した重りのような形をしていて、今はもう発売されていない種類の電池なのです。



ではどうしたらいいかというと、それに対応したアダプターなるものが売っています。

他の規格の電池を太らせる形で形状を合わせ、同じように使用することができるという代物です。

これを使えば万事解決となるわけですが、地味にお値段が張りまして、およそ2,500円ぐらいしてしまいます…(__)

他でも使うのであれば、それほど高い買い物ではないとは思いますが、このアダプターの活躍の場はそこまでないのが実状です…。



f0388515_14544292.jpg
そこで!

よくされる手法ではありますが、アルミホイルをスペーサー代わりにして代用するという、超ケチケチ作戦に出たというわけですw

結論からいいますと、これでも十分メーターが動きますw


使用する電池は、比較的安く手に入るLR44というボタン電池を使用します。2個で140円ぐらいですね。

左に見える竹輪みたいなのですが、これはトイレットペーパーを1cmぐらいの輪切りにし、そこに一ヶ所切り込みを入れてグルグルと巻いたものに布テープを貼ったものになります。

本当は、ビニールテープを使用するほうが絶縁の面でも見た目にも優れますが、あり合せの布テープでも特に問題ありませんでした。

そこにアルミホイルを丸めたものを詰めまして、マイナスを下にして電池をのせ、カメラにセットすると電池が通電いたします。


でも厳密にいうと、RM-1Rは1.3vでLR44は1.5v。

なので、理論的には少し強めな電流にはなるのですが、ネガフィルムのラチチュードやらアルミホイルを入れることによる電流のロスなども手伝ってか、そこまで外れた露出になってしまうということはないみたいです。

細かいISO設定や露出設定ができるカメラでしたら、少し暗めになる設定にするのもアリだとは思います。

アルミホイルの代わりに、LR44を2つ詰めるのだけはやめてくださいw

直列3vになって針が振り切れてしまうと思います(^^;)


こういった部分での試行錯誤も、カメラに愛着を持ってしまう要因なのでしょうね(^^*)




appledrink2411

[PR]
by appledrink1124 | 2018-01-11 18:30 | Film Camera | Comments(0)

フィルムの半分で楽しむスタイルへようこそ…


by appledrink2411