FLASH FUJICA Ⅱ のこと

f0388515_09375662.jpg
FLASH FUJICA Ⅱ


最近は、この手のカメラに滅法弱くなっております(^^;)

1978年に発売されたカメラで、この頃はKonicaのC35EF(通称ピッカリコニカ)に触発され、各社フラッシュをつけたカメラが盛んに発売された時期でした。

以前に紹介したminoltaのHI-MATIC Sもこの頃のカメラで、フラッシュがついていることを誇示するがごとく、デカデカとその存在を示しています。

カメラ屋さんのような本格的なストロボを用意せずとも自動でフラッシュが発光して撮影できることから、この頃のカメラはとても販売が好調だった記録が残っています。

フラッシュを使っての撮影は、自然な色合いで写すことが好まれる今でこそ少し敬遠されがちではありますが、記録して写真で残すという側面が強かった当時としては、とても画期的な機能であったと推測されます。




f0388515_09375971.jpg

では、このカメラの説明を。

このカメラは、Ⅱとなっているとおり、FLASH FUJICA2代目のモデルになります。

初代はシルバーフィニッシュで、プラカメとしては珍しいカラーリングでした。

電源は、単三電池×2本で稼動してフラッシュから露出計まで全てを担います。

巻き上げ・巻き戻しは手動で、まだまだアナログ感が残っていてレトロな感じです。


スペックは、FUJINON 38mm F2.8 1/8秒~1/500秒の電子プログラムシャッター。

目測式距離計0.9m~∞ ASA50~400 Cds素子露出計 重量 約280g


初代は、露出不足だとカメラが認識するとシャッターロックがかかってしまうので、わざわざレバーで切り替えをしなければいけなかったのがⅡにて改善されました。

初代の1/4秒のスローシャッターが1/8秒と後退こそしてしまいましたが、それでもスローが切れる部類のカメラではあると思います。

重量が初代よりも70gも軽くなっていて、そのイカツイ見た目よりもずっと軽いです。




f0388515_09380841.jpg

内部にこういったフィルムの宣伝が貼られているのも懐かしさを感じさせます。

Konicaのカメラにもサクラカラーのフィルムのシールが貼ってあったりするので、フィルムメーカーの自社囲い込み戦略がうかがい知れますね。

でも、フィルム室内にギラギラした光を反射するようなシールは如何なものかとは思う…(^^;)

このFLASH FUJICA Ⅱには、感度を自動的に設定するDXコードの走りのような機能がついています。

フィルムの収まるところに2本の金属の棒が出ていて、FUJI FILMのフィルムに限り、自動的に感度を読み込むことができたそうです。

のちにDXコードは各社共通の機能にはなりましたが、これがまずはその第一歩だったみたいですね。



その2へ…



appledrink2411

[PR]
by appledrink1124 | 2017-12-29 10:17 | Film Camera | Comments(0)