2017・12月現像 Canon DIAL 35 その2

Canon DIAL 35の現像結果の続きです。

使っていてとても楽しいカメラですので、持ち出すことがやはり多くなります。

ただ分解・清掃は必要な個体が多いと思いますので、いいカメラと出会えたらいいですね。



Canon DIAL 35+FUJI業務用 ISO100




f0388515_16581439.jpg

晴れた日には、絞られることもあってとシャープな写真になります。

シャッターストロークは、若干深めではありますがギリギリ押し難さを感じないくらいです。




f0388515_16581722.jpg

あまり光が乏しいコインランドリー内での写真です。

もう一台奥にピントを合わせたつもりでしたが、一番手前にピントが来ています。

目測の距離感は意外と難しく、カメラごとの誤差もあるので慣れるのはなかなか難しいです。

近距離になればなるほど、失敗写真が量産されてしまいますね(笑




f0388515_16582093.jpg

縦撮りも違和感なく撮影しやすいです。

修正なしですが、とても色が濃く出ていてデジタル並みの鮮やかさが出ています。

ハーフサイズの中でもハイレベルな描写が得られていて、このカメラをメインに据えるのもいいかもしれません(^^)





f0388515_16582310.jpg

露出の制御も、それほど気にしなくて大丈夫そうです。

明るいところも暗いところもきちんと階調が残っていて、フィルムの強みが発揮されています。

昔ながらのフィルムの粘りは、今でもまだまだ優位性があるみたいです。



とてもユニークで面白いながらも、本格的な機能・写りを有している優秀なカメラだなといった印象です。

さすがキヤノンだけあって、設計にこだわりがあるのでしょう。

現代でこのフォルムを復活させてもいい気がするのは、私だけではないと思うのですがいかがでしょう。



appledrink2411

[PR]
by appledrink1124 | 2017-12-23 07:00 | Film Camera | Comments(0)