FUJICA COMPACT 35 のこと その2

f0388515_09382088.jpg
FUJICA COMPACT 35(初代)


前回に引き続き、FUJICA COMPACT 35についてつぶやいていきます。


このカメラは、非常に多くのバリエーションが存在していて、一見するとその違いは見抜くのが難しいです。

ちなみに今回購入したカメラは初代のモデルで、一番重いタイプになります。(440g)

大雑把に分けると、通常タイプとSタイプが存在していて、Sタイプは二重像合致式距離計とセルフタイマーが付いた上位機種。

それぞれにⅠ型・New・Lightと進化していて、新しくなるにしたがって軽くなっていきました。



f0388515_09381720.jpg

基本的にはどのカメラも機能は変わらないのですが、初代に限り、シャッタースピードと絞りを自由に設定できるフルマニュアルでの撮影が可能になります。

なぜフルマニュアル機能が消滅したのかは不明ですが、老若男女誰でも簡単に撮影できるように、難しい機能はできるだけ撤廃していったと考えるのが普通でしょうか。

EE自動露出撮影で撮影には事欠かないわけではありますが、こういった少しメカニックなところが写真好きの心をくすぐったりするのです。



f0388515_09382339.jpg

レンズは、前玉回転式のオーソドックスなタイプ。FUJINON 38mm F2.8。

ピント調節は、0.8m~∞で調節可能。絞りは、F2.8~F22の間で設定可能です。

初代に限り、B・1/30・1/60・1/125・1/250秒のシャッタースピードが選択できます。

初代以外でも絞りの設定は可能ですが、フラッシュ用のためすべて1/30秒に固定されています。

Aの位置でEE自動露出撮影に切り替わり、シャッターを押すだけで気軽に撮影ができます。

このあたりはFUJICA Halfと機能がほとんど一緒で、すでに完成されていたシステムだったということがうかがえます。




f0388515_09382672.jpg

少し見づらいですが、ブライトフレームはこんな感じになります。

下にあるのが目測用の指標で、レンズを覗いたままピントの位置を知ることができます。

ピクトグラムの対応距離は、顔(0.8m)・上半身(1.5m)・家族(3m)・山(∞)。

左にはEE自動露出時の値が示され、Aの位置でシャッター半押しにて指針が固定され値が表示されます。

1/30秒F2.8~1/250秒F22のプログラムシャッターで、Aの位置以外では針は振れません。

レンズのすぐ真上にファインダーがありますので、左右の視差(パララックス)が無いので構図決めはしやすい部類のファインダーです。



肝心の実写はこれからになりますが、カメラとしてはとても多機能で万能タイプであると思います。

あまり人気のあるカメラではないみたいですが、機能的にもとても楽しめるカメラですので、状態のいいカメラがありましたら向かい入れてあげるのもよいと思います(^^)

試写ができ次第、写真も載せたいと思っています。


appledrink2411




おまけ

もし初代が気になってしまいましたら、いくつか見分け方をお教えします。

①カメラ名盤が上下2列に分かれて書いてあるもの。大きく35と刻印されていないもの。

②裏のISO感度設定のダイアルに、黒いレザーが貼ってないもの。Halfでもあったフイルム室内の状態を示すダイアルがあるもの。

③巻き上げレバーに綺麗な加工が施されていないもの。

一番確実なのは、レンズの下部にシャッタースピードが記載されているものですね。

[PR]
by appledrink1124 | 2017-12-14 19:00 | Film Camera | Comments(0)