FUJICA Halfの分解清掃

f0388515_17444037.jpg
FUJICA Half


今回は、番外編と言うことで。

状態がすごくいいこのカメラではありますが、実は長年使用されていたからか、ファインダーが薄く曇って若干視認性が悪かったのです。

やはりクリアなファインダーは、カメラを覗くだけで心がときめいてしまうもの。曇っているとちょと残念…。


…ということで、今回は分解して清掃してみましょうというわけです。

ですが、分解は他の部分を痛めてしまう危険性も伴いますので、くれぐれも自己責任で。

戻せなくなって壊してしまっても、誰も助けてくれません。直してもくれません。

特にこういった状態のいいカメラだともったいないですので、くれぐれも失敗しないようにいっそう気を引き締めて分解に取り掛かります。


f0388515_22111570.jpg

ネットで事前に調べたとおり、まずは前カバーを慎重に剥がしていきます。

ここはきわめて慎重に。ちぎってしまうといろいろと汚くなってしまうので、慎重に絶妙の力加減でそろそろと剥がします。

すると前カバーを固定していたネジが4つ出てきました。



f0388515_22111867.jpg

ネジをはずすとあっさり前カバーが外れました。

この構造はモナカ構造と呼ばれていて、カメラ本体(あんこ)を2枚のパーツ(皮)で挟んでいます。まさにもなかでしょ。最中。

Canonのハーフサイズカメラ〔Demi〕もこの構造を採用しているので有名です。



f0388515_22112060.jpg

左の金色のパーツが露出計です。

右の粒々したセレンに光を当てると針が上下に振れ、それをシャッターを押すことで噛んで絞りの開き具合が調節されるという仕組み。

ほんと、とてもアナログで単純な仕組みではあるが、当時としては画期的で夢の機能だったことを思うと、先人の知恵ってスバラシイと思いつつしばらく感動のひと時…(T T)

どうやら前カバーを外しただけではファインダーに行きつけないみたいなので、今度は上部を外してみることに。



f0388515_22492941.jpg

上部にアクセスするため、サイドのレザーも剥がします。

ここは、ストラップの穴のところまで剥がせばOK。

巻き上げレバーとクランク・セルフタイマーは外す必要があるが、シャッターボタンは付けっぱなしで大丈夫。

レザーの下にそれぞれネジが2本と背後の1本を外せば上部が外れます。



f0388515_22113421.jpg

上部は前カバーの内側に収まっていますので、やはり前を外さないと上だけでは外れません。

見えてきました、ファインダーユニット。

セレンから伸びているケーブルを留めているテープをそろりと剥がし、ネジを1本外すと中が見れます。



f0388515_22113172.jpg

ついにここまできました。

大きいプリズムが鎮座するファインダーユニットのお目見えです。

ここで汚れを取るために綿棒で拭き拭きいたしますが、けっして強くこすってはいけません。

ハーフミラーといって、光を半分通して半分反射するように特殊な蒸着をしている可能性がありますので、絶対にアルコールをつけて安易に拭いてはいけません。

最悪、ファインダー内の表示が消えてしまうこともあります…。


綿棒で軽く拭いただけで大方の曇りは消えてくれましたが、前2枚の狭い隙間の中が曇っていることが判明。

とても狭いスペースなので、薄いプレートにコットンを折り重ねてなんとか拭き拭き。

出来ればミラーを外せたらと思ったんですが、とても強く接着されていて無理して外そうとして割ってしまっても嫌なので、最小限の処置でクリーニングすることに。

今までの教訓から、必要以上のことは絶対にしないほうがいいです。欲をかいてなんとかしようとすると、大抵最初よりも悪くなります。

デジカメのセンサー清掃のジレンマに似てますね。綺麗にしようとしてどんどんドツボにはまる構図…(--;)



だいぶ綺麗になりましたので、今回はここで終了。

清掃したファインダーはとても綺麗に蘇り、いい写真が撮れそうな予感がいたします♪

あくまで自己責任にはなりますが、自分で修理したカメラはひときわ愛着が沸きますね。

ですが、けっして無理はしないでください。

専門に直してくれる修理業者さんもいますので、いい個体に巡り合った時にはそちらに頼むのも賢明な判断だと思います。


appledrink2411




[PR]
by appledrink1124 | 2017-12-04 22:53 | Film Camera | Comments(0)