輝き続ける…

f0388515_20571222.jpg
konica C35 Flash matic


フイルムカメラ一つ一つに、その時代に生まれた個性がある。

今のカメラには出来て当たり前のことが、普通に出来ないなんて当たり前だ。

自動で光を測る露出機能がついたり、ピントを自動で合わせるオートフォーカスが使えるようになったり、綺麗に思い出を残すために人々が願っていた機能がひとつひとつ具現化されてきたと思う。

今のカメラは、その時代時代の進化が積み重なって出来た、いわば歴史的文化財だ。

忘れやすい僕は、これからもデジタル・フイルム問わず、たくさん写真を撮り続けようと思う。

人の眼で見た景色を形に残すことが出来る写真は、忘れやすい人間の大事な相棒のようなものだから…。


appledrink2411

[PR]
by appledrink1124 | 2017-11-11 21:00 | Film Camera | Comments(0)