フイルムあれこれ

f0388515_11553449.jpg


f0388515_11554348.jpg
New EOS kiss+EF40mmSTM


昔からフイルムを使われている人からしたら、にわかもいいところだと思います。

カメラは、1,000円で調達した普及機ですし、フイルムだってコスパ重視の業務用フイルムですので。

ついにフジフイルムから感度400製造打ち切りアナウンスがありましたね。

この時代、どうあがいてもフイルムの販売は伸び悩むでしょうし、種類が減っていくのは仕方がないことだと思います。

たくさん写真を撮ることでしか貢献できないので、これからも長く使っていけるようにパシャパシャするしかありません。


ですが、35mmフイルムはまだまだ息が長いような気がするのです。

京都で見かけた修学旅行生やご年配の方々は、意外にまだ使い捨てカメラ(失礼。写ルンですと言ったほうが良いですね)を使っていましたし、記念撮影を頼まれたご婦人方もコンパクトフイルム機をお持ちでいらっしゃいました。

写ルンですの中を分解しますと、ちゃんと35mmフイルムのパトローネが入っているのですよ。

デジタルカメラは、使いやすくなったとはいえ、まだまだフイルム機よりも難しい印象があるのでしょうか。

不慣れなデジカメよりもフイルムカメラのほうがいまだに信頼がおける写真機というのには、とても驚いた次第であります。

こういった方々の需要があるうちは、意外とフイルム写真は生き残れそうな気がします。


appledrink2411

[PR]
by appledrink1124 | 2017-11-11 14:00 | Film Camera | Comments(0)