how to フイルムカメラ

f0388515_10335865.jpg


f0388515_10343724.jpg
konica RECORDER


僕もデジタル世代ですので、最初のカメラはデジカメでした。

最初に買ったカメラは、フジの超望遠が出来るデジカメでしたかね。500万画素くらいだったと思います。

初めてアルバイトで稼いだお金でKissデジタルを買ってからは、今までずっとCanonです。(ちなみにCanonの関係者ではありません)

これまでそれなりにお金を使ってカメラやレンズをそろえてきましたが、最近は飽きてきてしまいました。

自由に使えるお金が無くなったと言えば負け惜しみですが、金銭感覚がおかしくなっていた気がします。

今や10万円出してもそこまで大きくは変わらない気がして、それよりも気軽に使えて撮りに出かけたほうが有意義かなと。


そこで待っていたのは、フイルム写真という新たな沼だったわけですね(笑

デジタルに追い抜かれ、無き者にされつつあるフイルムカメラがいとおしく感じてしまったわけなのです(^^;)

機能は大きく劣り、撮影結果もすぐにわからないパンドラの箱状態なのですが、そのルーズさがなんとも新感覚でした。

よく綺麗に撮れたかその場に突っ立って、カメラの液晶画面とにらめっこしている人がいますが、フイルムカメラではそんなことはしません。

シャッターを切ったら、あとはよく撮れていてねと祈るだけ。

そして数日後に現像から戻ってきて、初めて一喜一憂するわけです。上手く撮れても失敗してても。


常にリアルタイムが求められる中でのゆるい遊びが、現代の息抜きになる気がするのです。


appledrink2411

[PR]
by appledrink1124 | 2017-11-11 10:59 | Film Camera | Comments(0)