PEN-F用 40mmF1.4の分解修理




f0388515_09351586.jpg


とりあえず本体のほうは完成しましたので、付属していたレンズのほうも清掃してみました。

見た感じはすごく綺麗な状態です。少し周辺にくもりがみられますが、大きなカビなどもなく良い状態です。

造りは38mmF1.8と同じ感じのようですが、どうやら中身は違うようです。





f0388515_10553543.jpg


マウント側をのぞいてみましょう。絞り連動レバーの周囲が38mmと違っていますね。

38mmでは大きく切り欠きがあったのですが、この40mmにはありません。

じつはこの黒いリングごと回転して動作をするようです。どのようなギミックが隠されているのでしょうか。

絞り羽根に油のにじみが見られていますので、なんだか動作が緩慢です。これでは写りに影響が出るかもしれません。





f0388515_10554964.jpg


まずは前から攻めてみます。

社名環を外すと絞り環とともにクリック感を出すためのバネと金属ボールが飛び出してきます。

勢いよく飛び出しますのでなくさないように気をつけましょう。

これで前玉を外すことができます。





f0388515_10563775.jpg


前玉を外すとこのようになっています。

絞りを連動させる機構が見えますが、38mmよりも複雑な仕組みです。

38mmは2箇所の引っかかりだけで絞りを調節していましたが、だいぶ仕様が異なっています。

金色の輪のような部品で絞りを連動させているのですが、これはこの時点では外れません。




とりあえず簡単なところから攻めてみましたが、だいぶ構造が38mmとは違っているようです。

結果的にヘリコイドを分離しなくては絞りユニットを取り出すことができませんでしたので、ちょっと難易度が高いかもしれません。

また緩み止めもしっかりなされていますので、慎重な作業が必要です。




appledrink2411

[PR]
# by appledrink1124 | 2018-09-21 17:50 | Lens | Comments(0)



FT分解修理、その3です。

あくまでも素人修理ですから、参考程度にとどめておいてください。責任はとれません。





f0388515_09345467.jpg


ミラー部を分解してモルトを清掃します。

ガラス面は一見綺麗に見えますが、長年の薄い汚れがありましたので綺麗に清掃します。

あまり強くぬぐってしまうとコーティングやガラス面を傷めてしまいますので、あくまでも優しく丁寧に。

組み上げの時には一つ一つ確認して、間違いがないか、ほこりが混入していないかよく確認しながら組み上げます。






f0388515_09052983.jpg


モルトの清掃も終えましたので、元に戻していきましょう。

元に戻すときに気をつけなくてはいけないことは、すべてチャージ前の状態で組み上げること。

シャッターユニットはシャッターを切り終えた状態であるか。

ミラーユニットはすべてが所定の位置にある状態であるかを必ず確認します。

中途半端に組んでしまうと一度で巻きあがらず二度巻きになったり、バネに異常なテンションがかかり破断します。



組み上げ時には、ミラーを解放するシャッターユニット側のレバーとミラーユニットの位置関係を確認しながら組む必要があります。

これは以前、一台目のFT分解で説明しておりますが、ここが合わないと絶対に組めません。

力任せにやっても曲がってしまうだけですので、ここはよく確認してください。





f0388515_09345949.jpg


これはあくまで自己流にはなりますが、テンションのかけ方を。


まずシャッターユニットとマウント側とを正しく組み上げます。(赤く囲ったシャッター連動バーはまだ付けない)

この状態で巻き上げレバーを一度巻き上げシャッターをチャージします。このとき、ミラー側ギアに一巻き分チャージされます。

そしてミシンのボビンのような部分の上に隠れている黒いL字型の部分をドライバーの先などで左に押してシャッターを切ります。

このときミラー・絞り連携レバーは動きませんが、まだ一巻き分チャージされた状態です。



そうしたら次にシャッター連動バーを取り付けミラーとの連携を完成させます。

その後、再度巻き上げますと2巻き分のテンションがかかり、シャッターボタンを押すとシャッター・ミラー・絞り連動レバーすべてが動きます。

この2巻き分のテンションで十分な力がかかり、レンズを付けても問題ない力が出ていると思います。



ただ絶対に気をつけてほしいのは、テンションをかける回数を間違えてはいけないことです。


途中でわからなくなったときは、必ず一度分離させテンションを解消してください。

シャッターユニット側のレバーがあたる位置にミラーのテンションを解放するレバーがありますので、そこで一度解消しておかないと必要以上に巻き上げてしまいミラーを駆動するバネを傷める原因となってしまいます。


とにかくわからなくなったら、一度外してスタートに戻ること。


これを守ればテンションギアの逆ねじを外さなくてもテンションをかけることは可能だと思います。

ただ、このやり方は絶対とは言い切れないので、程度を見ながら無理せず作業する必要があります。






f0388515_21562835.jpg



普通に使える程度にはなりましたが、はたしてきちんと組み上げられたかは試写するまでわかりません。

あくまでもそれなりに写真が撮れるレベルまでにしか戻すことしかできませんので、細かい精度を気にされる方は最初から手を出さないほうが無難です。

自らの手で直したカメラは愛着も一塩ですが、直せないこともありますからそれも含めて楽しめると良いのではないかと思います。




appledrink2411

[PR]
# by appledrink1124 | 2018-09-19 17:20 | Film Camera | Comments(0)




メンテナンス記事、その2です。




f0388515_21271842.jpg


ハーフミラーと一体となった露出計を外します。

これを外すにはシャッタースピードダイアルを外し、連携している螺旋ねじを外さなくてはいけません。

それと、外す前に露出測定限界値を示す赤いバーの位置を覚えておくことも忘れずに。


ありゃー、蒸着が薄くなってきていますね。これでは視認性が良くないわけですね。

下のほうにはカビが発生している部分もあり、状態はあまりよくありません。

最近ではこのハーフミラーを造られている工房もあるみたいですので、なんとか調達もできるとの情報もあります。

軽い力で拭いてみたら多少は綺麗になりましたので、少し見づらくはありますが私はこのまま使うことにしました。





f0388515_09052790.jpg


ボディ側とマウント側を分離するために、シャッター連携部を外します。

赤丸した止め具を外し、隣のネジを外します。(写真はすでに外れています)

この長いレバーも外せますので、組み上げ時に曲げてしまわぬように外してもよいと思います。

この部分はシャッターボタンを押すことによって押し出され、ミラーと絞りレバーを作動させる部分ですので、取り扱いには十分注意をしてください。





f0388515_09052983.jpg


前のネジを外すと2つに分離することができます。シャッター機構は大きな変更がなかったように思われます。

大きな汚れもなく動作も良好ですので、このままいじらないことにします。

綿棒でにじんでいる油をぬぐう程度にしておき、余計な注油などは行わないほうが無難かもしれません。


ブレーキゴムが劣化しているとさらなる分解が必要とのことですが、逆ねじやら代替部品がありませんので、これ以上は素人修理には無理な領域かと思われます。

一度素人が分解してしまうと修理屋さんも受け付けてくれませんから、よい程度のカメラが手に入ったときには、最初からプロに依頼するのも立派な英断であると思います。






f0388515_09053599.jpg


どんなカメラでもモルトが使われていたカメラは最終的にはこうなります。

パサパサの粉になってしまうと、ファインダーの中やらギアのオイルにくっついてとても悪さをしてくれます。

カビの温床にもなりますので、モルトの清掃はどんなカメラでも必須ですね。

飛び散らないように静かに落とし、新しいモルトに交換しておきましょう。貼り付けはシールタイプを使えば簡単です。




モルトの清掃だけならそこまで難しくないのでチャレンジしてもいいかもしれません、

ただ分離するとうまく組みあがらなかったり、ギアに再度テンションをかけなくてはいけませんので、少し難易度が上がります。

必要以上にテンションをかけすぎてシャッター駆動用のバネであるとかミラー駆動用のバネをねじ切ってしまうことも考えられますので、トップカバーを開けて見えるところだけで留めておくのも良いでしょう。


無理や力任せは厳禁です。あっという間にジャンク品に成り果ててしまいます。



appledrink2411

[PR]
# by appledrink1124 | 2018-09-16 15:30 | Film Camera | Comments(0)